ヨガとスポーツの関係にこだわってみました
ヨガとスポーツ研究所
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マクロビオティック
2006年 09月 29日 (金) 09:40 | 編集
マクロビオティックとは

「穀物や野菜中心の健康食・自然食」あるいは「菜食主義的な色彩の強い食事療法」のことを言います
その名前はマクロ+バイオ+ティック(テクニック)の合成語です


小麦・大麦・ソバ・トウモロコシ・玄米などの精白していない全粒穀物に新鮮な野菜・緑葉野菜・えんどう豆・ナッツ・豆類・根菜・海草・果物を主体とした食事法で、肉・乳製品・鶏も食べますが、食事全体の1パーセントにも満たない量で構成されます。

マクロビオティックの考案者は、日本人の桜沢 如一(さくらざわ ゆきかず)氏で、「正食」「食養生法」として、すでに50年以上の歴史がある食事法ですが、近年、トムー・クルーズやシャロン・ストーン、マドンナ、ニコール・キッドマン、グウィネス・パルトロウなどのハリウッドスターや、スーパーモデルたちが実践している食事法として、世界的に脚光を浴び、日本に逆輸入されてきました。
ダイエットや美容、ストレス解消の食事法という概念が一般的ですが、アトピーやアレルギー、糖尿病や低血糖症、リウマチや自己免疫疾患、ガンなどの重大な慢性病の治療食としても脚光を浴びています。
スポンサーサイト
ヨガとα(アルファ)波
2006年 09月 29日 (金) 09:38 | 編集
ヨガによって心と身体の緊張が解きほぐされ、ゆったりとした気分になることができます
その呼吸法、集中により心身ともに深くリラックスした状態に誘導され精神状態が、人を雑念や不安から解放された安定した心理状態へと導いてゆきます

そのリラックス状態、安定した心理状態の時に人間の体はどのようになっていくのかというと、脳波でいうα(アルファ)波が出ている状態となります。
それにより呼吸数、血圧や心拍等が下がり、非常にリラックスした状態になるわけです。
α波状態になるということで、記憶力や創造力など人間の潜在パワーが活性化するといわれています。
「修行」から「エクササイズ」へ
2006年 09月 28日 (木) 12:10 | 編集
そもそもヨガとは、古代インド語に由来する言葉。その意味は、『乱れた心を一点に結びつける』。精神を集中させることで究極の心のやすらぎを創り出す、という意味を持つ言葉なのです。ヨガの歴史は、およそ3千年前のインダス文明に始まります。当時の遺跡から、瞑想の坐像とおぼしき刻印が確認されているのです。この3000年の歴史をもつヨガが、1960年代後半、あるアーティストをきっかけに、インドからアメリカをはじめヨーロッパなど世界中に広まることになりました。そのアーティストとは、ビートルズです。彼らは一時期、インド音楽を始め、インドの文化に傾倒しました。その影響で、ヨガも一躍広く知られるようになったのです。しかし当時アメリカで流行していたフィットネスといえば、ジョギング、スカッシュ、エアロビクスなどの激しい有酸素運動。一見運動量が少なく見えるヨガはあくまでも「修行」と受け止められ、「エクササイズ」として考えられることはありませんでした。


テレビ朝日 SmaSTATION-4 より引用
ヨガの起源・歴史
2006年 09月 28日 (木) 12:09 | 編集
ヨガの起源は4千年から5千年前までさかのぼります。長い歴史の中で、多くのヨガ行者が自分の身体を通して研究し、その成果を次へ引き継いできました。そして受け継いだ世代がまた次世代へと伝えて発展していったのです。それを繰り返すうち、ヨガの経典といわれる「ヨガ・スートラ」が完成しました。

現在私たちが接しているのは、主に体を動かすための「ハタヨガ」と、瞑想のための「ラジャヨガ」ですが、ヨガとはつまり、「自分」と「他のもの」を結び調和と融合を目指すための修行法のこと。自然の摂理に決して逆らうことなく「自と他」のバランスを大切にして生きていくヨガの奥深さは、ヨガを始めた多くの人の心を魅了しています。

All About ヨガ・ピラティス より引用
体幹
2006年 09月 25日 (月) 09:41 | 編集
体幹とは、体の軸となる部分で、腹筋、背筋を含む胴体から背中にかけて広がる体の中心部のことを言います
この部分が弱いと全身の筋肉を効率的に使うことができません
体幹には普段あまり使われていない筋肉が多く、この部分を運動で刺激を与え、筋肉を鍛えることでよりエネルギー代謝が活発になります
ヨガに関して言えば、体幹が整うことで正しい姿勢を取ることができ安定したアーサナを実践できます
とうふ屋うかい
2006年 09月 23日 (土) 00:00 | 編集

料理の種類:豆腐料理

住所:神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-18-4
TEL:044-865-1028

アクセス
東急田園都市線鷺沼駅 徒歩3分

営業時間:
11:00~22:00(L.O.21:00)

■クリックするとお店のHPにジャンプします
ヨガと自律神経
2006年 09月 20日 (水) 18:12 | 編集
自律神経とは人間の生命を維持するために常時働いている神経です。
そしてこの自律神経には二つの神経に分かれていて、一つは交感神経、そしてもう一つは副交感神経です。
それぞれ拮抗する作用をもち、生体を統御する働きを持っているのですが、この自律神経は体のあらゆる臓器、頭の先から足のつま先までに及んでおり、その動きを支配しています。

交感神経は、心臓の働きの促進、血管収縮運動、胃腸などの内臓の働きの抑制、瞳孔の散大などの作用をもちます
筋緊張を高め、血圧を上げ、しっかりモノを見るために瞳孔が散大され、手に汗を握り。心臓はドキドキ。しかし、胃や腸などの消化作用は必要ないため抑制される。
こうした交感神経優位の状態というのは、日常生活にも多く現れ、いわゆるストレスを受けた状態などに優位に働くとされています。

一方、副交感神経は、精神的にリラックスした状態へと働きかける神経といえます。

したがって自律神経を副交感神経系優位の状態に保つことが心身ともに良い影響をもたらすと言えます。
そこでヨガが出てきますが、ヨガは全身運動と呼吸法により心を落ち着かせ副交感神経優位な働きへと促していきます。
ヨガが精神的にリラックスを得られるといわれるゆえんはそこから来ていると言えます。
アディダス パフォーマンスセンター
2006年 09月 20日 (水) 09:55 | 編集

日本では大阪(心斎橋)・名古屋(栄)・東京(池袋)の3店舗しか存在していない国内最大級の直営店舗です

以下の日程でいろいろなイベントをしていますよ!必見です
9/16・17
アディダス パフォーマンスセンター池袋
(東京都豊島区南池袋1-19-5 南池袋共同ビル1・2F)

10/14・15
アディダス パフォーマンスセンター名古屋
(愛知県名古屋市中区栄3-14-15)

10/28・29
アディダス コンセプトショップ原宿
(東京都渋谷区神宮前4-31-10 YMスクエア原宿2F)


■クリックすると公式HPにジャンプします
”水分補給”で、ヨガ・ピラティスのパフォーマンスアップ!
2006年 09月 19日 (火) 18:25 | 編集
体の約60%は水分。なかでも、血液は、なんと9割が水分なのです。
運動時には十分な水分補給を心がけましょう!

そこで今日は、人体にとって最も大切な”水”との付き合い方を伝授!

有酸素運動の代表ともいえるヨガ・ピラティスの際、水分が不足すると有酸素性持久力が低下し、パフォーマンスがダウンします。

ヨガ・ピラティスのさらなる効果を期待するためにも、こまめな水分補給を心がけていきたいですよね。


【日常生活での水分摂取の目安】
●運動前・・・コップ1杯~2杯(200~500ml)

●運動中・・・100~200mlを適宜補給

●運動後・・・300~400ml

●朝(起床時)・・・200ml

●食時前・・・200ml
 *食事前にコップ一杯の水を飲むと早くに満腹感を感じます。ダイエットに効果的です。

●入浴後・・・300~400ml
 *入浴時は多くの水分が失われます。水分補給を忘れずに。


上記のような水分摂取は、喉の渇きを満たすだけでなく、血液や細胞から失われた水分を満たすことが一番の目的。体のすみずみまでうるおう感覚を楽しんでみてください。

AllAboutヨガ・ピラティス より引用

■クリックすると記事にジャンプします
ヨガと基礎代謝
2006年 09月 17日 (日) 23:36 | 編集
基礎代謝とは静止状態における生命を維持するために必要最小のエネルギーの事です
呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなどさまざまな生命活動のために常に使っています


この基礎代謝量をもっとも消費するのが筋肉といわれていますが、ヨガは全身の筋肉を使う全身運動による有酸素運動と呼吸法を用いますから基礎代謝量が増加されていきます

一般に筋肉量が多く、基礎代謝が高い人というのは体内にはいりこんだエネルギーの消費量が多いと言うことですからドンドン食べても、ドンドンエネルギーが消費され、脂肪が蓄積しにくい状態、太りにくい体質であるということになります。
一方、基礎代謝量が低い人は、エネルギーの消費量が少ないと言うことですから、なかなかエネルギーが消費されにくく余ったエネルギーが脂肪として体内にため込まれ、太りやすい状態になります

ヨガの全身運動による有酸素運動と呼吸法により基礎代謝量を高めることで、太りにくい体へ変えることができます
ヨガブームの立役者・マドンナ
2006年 09月 16日 (土) 11:30 | 編集
1990年代後半、「激しい運動はヒザや腰をいためる」「高齢者には負担が大きすぎる」などといった問題に加え、必要以上に激しい有酸素運動は活性酸素を生み出すものとの説が有力となりました。活性酸素とはいわゆる体のサビで、細胞を破壊し、内臓のトラブル、シミ・しわなどの老化を引き起こす恐ろしいもの。そのため、激しい運動は敬遠されるようになったのです。そんな中、体に一切負担をかけることなく、持久力、そしてしなやかな筋肉をつけることができる、「ヨガ」が注目を集め始めました。そのヨガをアメリカでメジャーな存在にまで引き上げたのがマドンナです。マドンナがヨガに出合う転機となったのは、1995年の出産。それまでは、毎日1時間のジョギング、過酷な筋肉トレーニングで、女性としてはギリギリの15%まで体脂肪を落とし、かなりの筋肉体質で知られていたマドンナ。しかし、出産で体型が変化したのをきっかけに、肉体的だけでなくメンタル面にも効果が高いヨガに目覚めたのです。以来、マドンナはほぼ毎日、ヨガ教室に通い、自宅でもレッスンを続けたといいます。彼女は、アルバム「レイ・オブ・ライト」に、ヨガのひとつ「アシュタンギ」というタイトルの曲を入れたほど。また、2000年にはヨガの先生役で映画にも出演。その後も積極的にテレビや雑誌、そして友人たちにヨガのすばらしさを語り続け、その影響でセレブたちの間で一気にヨガブームが巻き起こったのです。

テレビ朝日 SmaSTATION-4 より引用

■クリックすると記事にジャンプします
ナチュラルハウス青山店
2006年 09月 15日 (金) 18:14 | 編集


オーガニックナチュラルフードストア
全国に30店舗以上のネットワークを展開しています

東京都港区北青山3-6-18
電話: 03-3498-2277
営業時間: 10:00~22:00
定休日: なし

■クリックすると公式HPにジャンプします
ヨガと筋肉と体質改善
2006年 09月 15日 (金) 12:59 | 編集
ヨガの効果として、今までつかなかったような所の箇所にも筋肉がつくことで脂肪を燃やしやすい体へと体質も変わっていくようになると言われています。
そして、全身の至る所の筋肉を使いますから、体の各部位ごとの筋の伸張運動を促し、縮んで硬くなった筋肉をのばしていくことで、筋緊張を正常へ導き、また硬い筋肉にはさまれて血流が悪くなっていた血管も解放されることで血液の流れも良くなっていきます。
リラックスした状態で、ゆっくりとした呼吸法を用いるヨガは、まさに筋肉がリラックスするための最適な状態です。
血液の流れが改善されることで、脳への血液の流れも良くなりますから精神的にも疲れがとれ非常にリラックスできるようになります。
ヨガと有酸素運動
2006年 09月 15日 (金) 09:55 | 編集
ヨガにおける呼吸法とともに運動を行っていくことで、有酸素運動が誘発されています

ここで、有酸素運動とは、呼吸をしながら行う運動です
そして大きな特徴として脂肪を燃やすのは酸素を使った有酸素運動のみです

一方の無酸素運動は、重い物を持ち上げるときのように急に力を入れたり、全速力で走っている時のように歯を食いしばって、一時的にほとんど呼吸をしないで行う運動をいいます
この無酸素運動時は、筋中のグリコーゲンがエネルギー源となり、脂肪は燃えていません

脂肪を燃やすのに適しているのは有酸素運動だと言えます
ヨガは有酸素運動として行われているので脂肪燃焼に優れ、ダイエット効果にも期待が持てると言うことになるわけです
完全呼吸法
2006年 09月 14日 (木) 13:01 | 編集
胸式呼吸と腹式呼吸を組み合わせ、上半身すべてを使って行う呼吸法が「完全呼吸法」です

この呼吸法は息を3段階で吸い,3段階で吐きます.順番は身体の下方から吸って上方から吐いていきます順番を間違えないようにしてください

1.まず,お腹(肺の下部)に息をいっぱい吸い込みます
2.続いて,肺の中部のあたりに息を吸い込みます
3.次に,肺の上部がいっぱいになるまで息を吸い込みます
4.息を吐くときは肺の上部から吐いていきます
5.続いて,肺の中部の息を出していきます
6.最後にお腹(肺の下部)から残りの息を吐き出します

1-6を繰り返します

この呼吸法のをマスターすると
心身がリラックスして、睡眠が良く取れるようになります。
気力が充実してきて、体の持つ自然治癒力が増強され、病気に対する抵抗力もつきます。
心臓病や高血圧の方にも効果があります。

シータリー呼吸法
2006年 09月 14日 (木) 13:00 | 編集
シータリーとは「熱を冷ます」の意で、体が火照っている時や、眠気がある時に行うことで、すっきりとした状態になり、活力をもたらします
この呼吸法では口をすぼめることで、耳の下にある耳下腺と顎下腺を動かしさらに舌の筋肉を使うことで舌下線の働きを活発にします
3つの唾液腺が効果的にマッサージされ、唾液が自然と出てきます

やり方は口から舌を出しストロー状に細く丸め、「スーッ」と音が鳴るようにゆっくりと息を吸い、冷たい空気を味わいます
吸いきったら今度は舌を口の中に入れ、鼻から温かい息を吐いていきます
これらを10回ほど繰り返します

カパラバティ呼吸法
2006年 09月 14日 (木) 12:58 | 編集
カパラ(頭蓋骨)に輝きをもたらす呼吸法であり、鼻呼吸をすばやく行うことで、心身がすっきりし、活性化させる働きがあります
腹圧を高めるので、ヒクソン・グレイシーもトレーニングに取り入れたそうで一躍有名になった呼吸法です

床に結跏趺坐・正座で座り、手をお腹に当て、息を十分に吐ききった後に下腹に力をこめ、横隔膜を持ち上げるようなイメージで鼻から一気に息を吐ききります
吸う時はお腹を一気に膨らませます
この繰り返しを1分間に30回ずつ繰り返し、慣れてきたら60~120回と増やしていきます

ウジャイ呼吸法
2006年 09月 14日 (木) 09:49 | 編集
ヨガを行う上で重要な呼吸法(調気法)のひとつで、のどを狭めた状態で完全呼吸をおこないます
呼吸機能が高まり、内臓を活性化させる働きがあります
「勝利の呼吸法」とも呼ばれます

胸式呼吸で行い、お腹をへこませたまま、鼻だけで呼吸をします
その際、吸う時も吐く時も同じ長さで行います
舌は前歯の裏側に軽く付け、喉の気管を細くするようなイメージでおこないます
火の呼吸
2006年 09月 14日 (木) 09:47 | 編集
火の呼吸とはクンダリーニ・ヨガ発の独特な呼吸法で 1分間に60~180回の早い腹式呼吸を行うことで腹部のインナーマッスルが鍛えられておなかを引き締めたり、肺、粘膜、血管と細胞に溜まった老廃物や毒物を排出し体内を浄化するなどの効用があります。

火の呼吸は効率的な有酸素運動となり 3分間の火の呼吸はウォーキング30分の消費カロリーに匹敵するそうです。
腹式呼吸と胸式呼吸
2006年 09月 14日 (木) 09:46 | 編集
普段の呼吸は、自律神経の影響により自分の意思とは関係なく行われ、ほとんどが「胸式呼吸」で肺の1/3~1/2程しか使われていないそうです

簡単に「腹式呼吸」についてご紹介するとこんな感じです

一度ふーッと息を吐く。

息を吸いながらお腹を膨らませる。
(酸素を吸い込む)

息を吐きながらお腹をへこませる。
(蓄積した二酸化炭素を出す=酸性に傾いた血液を中性よりに戻す。)

このガス交換(酸素と二酸化炭素の交換)が盛んになると
血液の浄化が促され血液がきれいになります。


以下注意点です
ゆっくりと吐く息に集中し、吸う息の2~3倍の時間をかけます
5秒で息を吸い、10~15秒かけて息を吐く

息を吐く時には副交感神経が働き、体をリラックスさせます。
(体がしなやかになる)

息を吸う時には交感神経が働き、体を緊張させます。
(筋肉が緊張し筋力を高める)

この緊張と弛緩を繰り返すこと、バランスを整えることにより自律神経の乱れを防ぎます
立っていても座っていても、寝ていてもどんな姿勢でもOKです
但し食後1~2時間は避けて下さい

自然と日常の呼吸も腹式呼吸になり、心身ともに健康な状態に近づきます
ハタ呼吸法
2006年 09月 13日 (水) 23:59 | 編集
 ハタ呼吸法は、大自然のリズムと自分の身体のリズムを調和させて、心と身体をリラックスさせようという呼吸法です。
左の鼻孔を閉じて、右の鼻孔から吸う、吐くを行う太陽呼吸法と
右の鼻孔を閉じて左の鼻孔から吸う、吐くを行う月の呼吸法とがあります。

太陽呼吸法は、からだを温めると同時に心まで温めてくれ、
希望と勇気と活力を与えてくれます。

月の呼吸法は、いらいらを沈めてくれ、こころを落ち着ける効果があり、思慮と沈着と洞察 冷静さをあたえてくれる呼吸法です


具体的には次の動作を5セットから10セット行っていくようにしましょう。

1)右腕を曲げ、人指し指と中指を眉間のあたりに置き、親指を右の小鼻に、薬指を左の小鼻に当て、左手で右ひじを支えます。

2)両鼻から息をすべて吐き、親指と薬指で両鼻を押さえ、息を止めます。

3)薬指を離し、左鼻からゆっくり息を吸い込み、再び薬指で鼻を押さえ、あごを引き締めて息を止めます。苦しくなったら、親指を離し右鼻で息を吐き、出しきったら親指で右鼻を押さえて再び息を止めます。

4)親指を離して右鼻から息を吸い込み、右鼻を親指で閉じて息を止め、苦しくなったところで薬指を離して左鼻から息を吐き出します。
基本になる呼吸法と5つのポーズ
2006年 09月 13日 (水) 23:55 | 編集
一見簡単なポーズをとっているだけに見えるヨガに欠かせないのは「呼吸」です。鼻から深く吸い、腹・胸・肩と息を広く行き渡らせるようにして、鼻から出す――この呼吸を意識して行うことが全ての基礎となります。100種類以上にも上るという、ヨガのポーズの基本となる動きは5つ。「前屈」「後屈」「ねじり」「逆転」「バランス」です。この5つの動きの組み合わせよって、体の不調を取り除きリラックス状態へと導いていくのです。
ヨガによるエクササイズの最大の特長が、バランスよく「遅筋」を鍛えることができるということ。「遅筋」とは、長時間姿勢を維持するなど、長い時間、力を発揮するための筋肉。これに対して、短距離走や重いものを持ち上げるなど、瞬発的に反応する筋肉が「速筋」です。どちらも元は同じ筋肉なのですが、鍛え方によって「速筋」にも「遅筋」にも姿を変えるのです。遅筋は速筋に比べ、効率よく栄養を燃やすことができます。そのため疲れにくく、持久力のある体を作り上げることができるのです。さらに、どんどん栄養を燃やす遅筋が増えることによって、基礎代謝があがり、食べても太らない、そんな体を作り上げることができるのです。

[テレビ朝日 SmaSTATION-4 より引用]

■クリックすると記事にジャンプします

スポーツとヨガの関係
2006年 09月 13日 (水) 13:17 | 編集
多くのスポーツでは足を酷使したり、腰や尻のジョイントに負担をかけます。
そこで、ヨガを定期的に行うことをオススメします。
身体の全ての部位をくまなくカバーするヨガは、一部の筋肉だけを使いすぎたことによるテンションを和らげ、身体全体の循環を良くし、頭頂部からつま先までバランスのとれた状態にすることができます。

ヨガでもかなりの筋力がつきます。
そして、ヨガをすることによって筋肉がつきすぎるということはありません。

身体が必要とするだけの筋肉を美しく作りあげるので、見た目もとても綺麗な線となって変化していきます。

ヨガには内部器官を活性化させ、精神を落ち着かせ、集中力を増強するといった効果もたくさんあります。

多くのスポーツが勝ち負けを競うのに対し、自分の今ある状況をありのままに受け入れる努力をするという方向性でアプローチするのがヨガの精神的な側面です。

アドレナリンが放出されるような勝ち負けを競う場面では、コルチゾールという健康に有害な物質が身体の内部で放出され、カルシウム・マグネシウム・ポタシアムといった物質がこれに対抗して身体を健康な状態に戻そうとします。しかし、これらの物質が不足していると、身体は骨から補充しようとするため、骨格を弱める一因となります。
ヨガは、この勝ち負けを競う "Fight-Fright Syndrome" によって崩れる新陳代謝を平常に戻していく役割を果たします。
いかなる状況でも心の平穏を保つ訓練として、身体の各部位を動かしていくのです。
ルネサンス
2006年 09月 13日 (水) 09:42 | 編集



会員制スポーツクラブですが
ピラティススクールのスクール会員があります
(店舗によって違いますが 入会金¥3150 月謝¥8400程度です)

■詳しくはクリック


施設体験(¥2100)はこちらをクリック
ジェクサー
2006年 09月 13日 (水) 09:41 | 編集



会員制スポーツクラブです
30~60分のヨガ、ピラティスプログラムがあります
JR東日本が経営していて駅の中や線路の下にあったりします
新しいので設備がすばらしいです
店舗にもよりますが体験利用が出来るようです


■詳しくはクリック
メガロス
2006年 09月 13日 (水) 09:39 | 編集



会員制スポーツクラブです
60~75分のヨガプログラムがあります
最近事業を拡大しているフィットネスクラブです


■詳しくはクリック
コナミスポーツクラブ
2006年 09月 13日 (水) 09:37 | 編集



45~90分のヨガプログラムがあります
フィットネスクラブは会員制ですが
カルチャースクールもあるので月謝制でヨガを受講できます
1050円で体験利用が出来ます


■詳しくはクリック



■カルチャースクールについてはこちらをクリック
オアシス
2006年 09月 13日 (水) 09:34 | 編集


会員制スポーツクラブです
20~75分のヨガプログラムがあります
各店で体験施設利用(500~2100円)をすることが出来ます


■詳しくはクリック
ティップネス
2006年 09月 13日 (水) 09:33 | 編集
tip
会員制のスポーツクラブです
30分~60分のヨガプログラム
30分のピラティスプログラムがあります

2100円で施設、プログラム体験利用が出来ます
■詳しくはクリック
セントラルスポーツ
2006年 09月 12日 (火) 23:42 | 編集
セントラル
会員制のスポーツクラブです
「ZENヨガ」というオリジナルプログラムがあります
大体40分~60分なので少し短いかもしれません

¥2100で施設、プログラム体験利用出来ます
■詳細はクリック
copyright (C) ヨガとスポーツ研究所 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。