ヨガとスポーツの関係にこだわってみました
ヨガとスポーツ研究所
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホットヨガ
2006年 10月 04日 (水) 09:40 | 編集
ホットヨガとは室温38℃、湿度65%の中で筋力トレーニングの要素を取り入れた26種類のポーズをとるヨガです。

38℃は、筋肉が最も伸縮しやすくなるといわれている温度です。また、65%という湿度の中で1リットル以上のお水を飲みながらトレーニングを行う為、大量に汗をかきます。多い人だと1レッスンに2リットル以上もの汗をかきます。
このため、ホットヨガを体験された方はまずこの汗の量にびっくりされます。

現代人は食生活や生活習慣の変化にともない、水分を過剰に摂取したり、シャワーだけでお風呂を済ませたり、クーラーの効いた部屋で一日中過ごしたりと、体を冷やす生活スタイルになってきています。
また、ストレスが溜まると血管が縮み、血の巡りが悪くなり、手や足の先が慢性的に冷えてしまうという症状も起こります。
特に女性に関しては「20歳前後の8割の女性が冷え性だと自覚している」という統計データがあるほど、冷えている人が非常に多いといえます。
冷えからの弊害としていわれている、むくみや肩こり、生理痛などの症状は女性であれば一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

医学的にも証明されている「体を温める事」(ホット)が病気を防ぎ、さらに心と体の両面に大きな効果をもたらし、調和とバランスをもたらすエクササイズとしての「ヨガ」を組み合わせたこの『ホットヨガ』は現代人にマッチした健康法です。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ヨガとスポーツ研究所 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。