ヨガとスポーツの関係にこだわってみました
ヨガとスポーツ研究所
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アロハ・ヨガ
2006年 10月 04日 (水) 09:53 | 編集
アロハヨガは、まさにヨガのもつ本来のフィットネス的な面よりも、自律神経のバランスを整え、体内の解毒能力を向上させ、自らのヒーリングパワーを最大限に高めることを目的としています。
アロハヨガにおいて最も重要なことは、決して形のいいポーズを決めることではなく、いかに正しく呼吸ができるかがカギとなります。

自律神経を整え、ストレスを解消する上での最重要ポイントは呼吸です。
呼吸と心は密接な関係にあります。悩んだり、怒ったり、悲しんだりすると人間の呼吸は浅くなります。
一方、鼻から深く呼吸することで、副交感神経の働きは強まり、自律神経のバランスがとれてきます。

呼吸で最も大切なことは、鼻から吸い鼻から吐いて、腹式呼吸を実践することです。健康な人間程、鼻の呼吸がすっきりしています。鼻による深い呼吸は、平常心をもたらし、日々のストレスや緊張から開放してくれます。

アロハヨガで、もう一つ大切なポイントは太陽イメージの摂取です。
アロハヨガを実践するとき、鼻で空気を深く吸うこいとを意識するとともに、ぜひハワイの朝日や夕日をイメージしながらおこなっていくことをおすすめします。
ハワイにいなくても、ハワイの太陽の光がもつプラスイメージを体内にある細胞に伝えていくことが目的ですので、イメージするだけでも同様な効果が得ることができます。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ヨガとスポーツ研究所 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。